シロアリ被害の早期発見がシロアリ駆除費用相場を抑えるコツ

シロアリによる被害が大きくなる前に駆除をしよう

シロアリは湿った木材が好物なので、木造住宅は被害に遭う可能性が高いことを知っておきましょう。もし、被害に遭ったらどうすれば良いのか、シロアリ駆除費用相場を安くする方法はあるのかなどを紹介します。

シロアリ駆除費用相場を安く済ませるためのコツは「早期発見」

家への被害

シロアリ被害は放置すると、住宅に深刻なダメージを与えます。最悪の場合、住環境を悪化させて、倒壊する危険もあるので、早期発見が重要になります。早期発見することで、シロアリ駆除費用相場内の料金で費用を抑えられるでしょう。被害が深刻で、床下や天井裏など沢山の箇所を食い荒らされると、駆除費用が高額になります。さらに住宅の性能を回復させるための工事も必要です。

工法の内容を理解しましょう~最適な方法を選択できる~

シロアリ駆除費用相場は工法によって異なります。シロアリ駆除を予定している方は、工法の違いを把握しておきましょう。

2つの駆除方法でシロアリ駆除費用相場が変わる

駆除

日本で一般に行なわれているシロアリ駆除方法は、バリア工法とベイト工法の2種類です。シロアリ駆除費用相場も異なっていて、バリア工法は内容により変動しますが、ベイト工法は高額になる傾向があります。

バリア工法&ベイト工法の特徴

シロアリ駆除代表的な駆除方法のバリア工法とベイト工法の特徴を紹介します。どのような効果があるのかを把握して選ぶと良いでしょう。

薬剤を注入する
バリア工法とは、木造住宅に侵入したシロアリに対して、薬剤を散布して退治する駆除方法です。被害に遭っている木材は、ドリルで穴を開けて薬剤を注入しますので、木材内部に潜んでいるシロアリを退治することができます。また、シロアリが侵入しないように、予め薬剤を散布することでバリアを作り木造住宅を守ることができます。
毒餌を撒く
シロアリの習性を利用して、巣全体に毒餌を行き渡らせて、巣ごと全滅させることができるのがベイト工法です。バリア工法とは違い薬剤を散布したり、木材に穴を開けたりせずに、罠を仕掛けてシロアリ駆除する方法です。シロアリを駆除することができる毒餌を設置するため、施工も簡単ですし人体や環境への影響がないことが特徴です。

被害症状が現れたら専門業者に相談

シロアリ被害の症状

  • 床の上を歩くと沈む感じがあり、ギシギシと軋む
  • 雨漏りの影響で天井にシミができている
  • 壁のクロスを剥がすとカビが発生している

シロアリが住宅に与える被害症状の一部です。このような異変を感じたら、シロアリの被害に遭っている可能性が考えられますので、被害の拡大を防ぐために早めに駆除する必要があります。シロアリ駆除は、専門業者に依頼することが望ましいです。料金を抑えるためには、業者に相談する前にシロアリ駆除費用相場を軽く調べておくと良いでしょう。

木材住宅とシロアリの関係性

木造住宅に住んでいる人の疑問


木材住宅はシロアリの被害に遭いやすいって本当ですか?
確かに木造住宅はシロアリ被害に遭いやすいです。理由としてはシロアリの大好物の木材が豊富だからです。しかし、鉄筋コンクリート住宅でも、コンクリートや家具、畳などが被害に遭うこともあります。内部に使用している木材は、木造住宅でも鉄筋コンクリート住宅でも変わりませんので、木造住宅じゃないからと油断は禁物です。シロアリ被害の多くは、地面から高さ1.5mまでといわれていますので、その部分にシロアリ対策を施すことが大事です。

木造住宅の雨漏りトラブルはシロアリ被害の種!?

木造住宅の場合、雨漏りが発生すると至る所に雨水が溜まることがあります。濡れた木材には木材腐朽菌が繁殖してしまいます。その結果、木材を腐らせて、シロアリの被害に遭うのです。雨漏りが発生したら、シロアリの被害に遭わないように早めに対策を行ないましょう。

TOPボタン