定期点検と湿気対策でシロアリ駆除費用相場内で料金を抑える

定期点検でシロアリを増やさない

シロアリ駆除後も定期点検を行なうことで、シロアリの再発を防ぐことができます。大事な住宅を守るためにも定期点検は欠かさずに行ないましょう。

バリア工法はとくに定期点検が必要

点検する作業員

床下に薬剤を散布するバリア工法は、薬剤の効果が継続している間、シロアリの侵入を防いでくれます。しかし、シロアリの侵入経路は床下だけとは限りません。羽アリが飛び立つ時期になると、屋根やベランダからもシロアリは住宅に侵入して来ることがあります。このような想定外の侵入に備えて、バリア工法後も定期点検が必要になります。2ヶ月に1度定期点検を行なうと、シロアリ被害が発生していても、早期発見することができるので、シロアリ駆除費用相場を抑えることができます。

定期点検をお願いしています。(32歳/男性/東京都在住)

雨漏りが原因でシロアリが発生したので、業者に頼んで駆除してもらいました。バリア工法で駆除をしたのですが、駆除後も定期点検してもらっています。シロアリ駆除費用に定期点検の料金が含まれている業者を選んで良かったと思っています。

シロアリの被害を防げば駆除をしなくて良い

シロアリ被害を防ぐためには、湿気対策をしっかり行なうことです。それにより、木造住宅でもシロアリ被害を防ぐことが可能です。

シロアリ駆除業者のワンポイントアドバイス

木造住宅は湿気対策が肝心(シロアリ駆除業者)

シロアリは、湿気が多くて暗い場所を好みます。そのため、床下や雨漏りしている天井裏にシロアリが発生するのです。では、木造住宅でシロアリを防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?シロアリを防ぐためには、出来るだけ湿気対策を行ないましょう。風通しを良くするだけで、シロアリが寄り付かない環境にすることができます。床下換気扇を設置して、木造住宅の周囲に不要なものを置かないようにししょう。また、水回り周辺の換気口の掃除も有効な対策です。

TOPボタン